2020年02月18日

本日の自分勝手に注目した本(1)

お早うございます

本日今年初めて雪を見ました

朝起きる車の屋根が雪で白く

なっていました。地面には

積もっていないので安心したのですが

さて、本日の私の眼に留まった本の

ご紹介です


「定年前後の手続きガイド」
過去に味わった言葉ですが、「定年」
私にはイヤな言葉でしたねえ
先ず頭に浮かぶのは不安!!ただこれだけでした


説明にはこのように書かれていました

第二の人生のスタートとなる定年。
実は、定年前後のさまざまな届け出や手続きで
大きく得をすることも、逆に損してしまうことも
あるのをご存じですか? 特に大きいのが
老後を支える「減らないサイフ」である
公的年金の受け取り方。計画的に考えて
行動することで、最大142%も増やすことが
できるのです。ほかにも、失業給付の
もらい方や健康保険の手続きなども解説。
本誌を読んで、豊かなセカンドライフに
備えましょう


「ひざ痛が劇的によくなる特効ケア」
あなたの周りにもひざを痛めている方
おられませんか?私も経験しましたが
座って立ち上がる時に立ち上がれなく
ユックリ膝を伸ばして歩き出した
記憶がよみがえります

説明にはこのように書かれていました

ひざ痛の悩みをこの1冊で解決!
歩くと痛い、痛くてしゃがめない
正座ができない、など半月板の損傷や
軟骨のすり減りなどによって起こるひざ痛
さまざまな障害にお悩みのかたも多いのでは
ないでしょうか。
本書はそんな悩みを一掃する
医師や治療家推奨の特効療法を紹介します!
いずれも自宅で簡単にできるものばかり。
実際に、ひざ痛が改善した体験談もお届けします。
さらに、骨や軟骨を丈夫にして
痛みを和らげる食材やレシピも収載。
ひざ痛の名医、川村明医師考案の「医者ヨガ」
ポスター付録。本書を読んで
ひざの痛みから解放されましょう!


「認知症が怖くなくなる、予防と介護の新対策」

私の娘も介護関連の仕事をしていますが
認知症の方はドンドン増えており
一見見た目では解らない人が発症している
って言っていましたのを思い出しました

説明にはこのように書かれていました

人生100年時代ーー寿命が長くなるほど、
認知症の発症リスクは高まらざるを得ません。
ですが多くの人の声は、やっぱり「なるのは怖い。」
そこで今回、みなさんの不安な思いにお応えするため
認知症の専門家の方々に、現時点でわかっている
“本当のところ”をうかがいました。
〈Q&A〉あり、特別企画あり
解りやすく書かれています


「年金20万・貯金1000万でどう生きるか」

昨年でしたかねえ?「老後2000万円問題」
大いに賑わいましたが!!
知らないと20年で5000万円って
書かれています
読まれる価値は有ると思います





あなたに参考になりましたでしょうか?
続きます
ラベル:
posted by アクティブシニア72 at 10:32| Comment(0) | 情報共有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日の自分勝手に注目した本(2)

「60歳からの人生を楽しむ孤独力」

私72歳ですが、本当に毎日が幸せを感じて

暮らしております。少ない年金暮らしですが

時間の束縛もなく、自分の思うがまま

に気ままに暮らしています

説明にはこのように書かれていました

60すぎて初めて「うつ」になる人、急増中! 

精神的にも経済的にも「定年後」が

不安なあなたのための、今日からできる

「定年活動」せっかくの第二の人生

嫌なことはやめて、ちょこっと

ずぼらに生きてみよう。

生きる楽しさを与える人気精神科医が

教える60歳からの「不安と心配」

にさよならする本


「貴女の健康寿命は「葉酸」で伸ばせる」

初めて「葉酸」と言う言葉を知りました

説明にはこのように書かれていました

ブロッコリーやほうれん草、枝豆、お茶、

レバーなどに含まれる葉酸は、妊娠を

望む女性、妊娠初期の女性に

とって必須の栄養素として知られますが、

同時に認知症や脳梗塞、心不全などの

予防に効果があることが

早くからわかっています。

アメリカは1998年にすべての穀物に

葉酸の添加が義務付けられ、翌年から

脳卒中が激減しました。

現在では世界で80カ国以上の国が、

穀物への葉酸添加を法律で

義務付けています。

世界水準での摂取基準は

1日400マイクログラムですが

厚生省が定める「葉酸」の摂取推奨量は

240マイクログラムという低さ。

筆者は20年以上前から「葉酸」に注目し

研究を主導してきました。

葉酸で予防できる疾患は、脳卒中、心筋梗塞、

認知症、うつ病、骨粗鬆症など。

つまり葉酸によって健康寿命が延び、

要介護者も減らすことができるのです

この本では、葉酸が持つ力を

わかりやすく解説し、日常的に摂取量を

楽に増やせるレシピもご紹介します。


以上ですが、貴方の参考になれば幸いです


ラベル:
posted by アクティブシニア72 at 10:23| Comment(0) | 情報共有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする