2020年02月20日

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

「ぼくはイエローでホワイトで、
 ちょっとブルー」


本日、大きな見出しで

みんなが選んだ
イチオシ本!!


30万部突破だって

2019年6月に発売された書物です

著書はブレイディみかこさんです

著者の「息子」が主人公で

イギリス・ブライトン市の

学校ランキング1位である

公立カトリック小学校を卒業した

「息子」は、カトリックの中学校

ではなく、元底辺中学校に進学するのだが

本書は、その中学生活の

最初の一年半を描いています


沢山の色々な賞を取られています


一部内容はこうだ

優等生の「ぼく」が通い始めたのは
人種も貧富もごちゃまぜの
イカした「元・底辺中学校」だった。
ただでさえ思春期ってやつなのに
毎日が事件の連続だ。
人種差別丸出しの美少年、ジェンダーに
悩むサッカー小僧。
時には貧富の差でギスギスしたり
アイデンティティに悩んだり。


世界の縮図のような日常を
思春期真っ只中の息子と
パンクな母ちゃんの著者は
ともに考え悩み乗り越えていく


ラベル:
posted by アクティブシニア72 at 09:39| Comment(0) | 情報共有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする