2019年11月19日

婚活の取り組み 男性の6割が後悔していると言う現実!!

本日このような新聞の見出しが

読売新聞に掲載されていました


何と体外受精16人に一人の割合で

前年に続いて過去最高を更新したようです

これは2017年度発表です

近年より確実に受精させる為に

卵子に針を刺して精子を注入する

顕微授精や、凍結保存した受精卵を

着床し易いタイミングで子宮に

戻す方法が主流なのです

今は男性の強力が不可欠なのです

昔だったら赤ちゃんが授からなかったら

悪いのは女性って言うのが一般的でしたが

不妊の原因の半数は男性に有ったのです!!

妊活や不妊は女性だけの問題ではないのです!!

現状として夫婦の5.5組に1組は不妊の検査や治療を

受けており不妊を心配した夫婦は実に3割以上にも

上ります。多く夫婦が不妊に悩んでいるのだけど

現実、女性が大半!!不妊は女性だけの問題と

根拠がないので自分は大丈夫って思っている男性が

如何に多い事か?だから男性は

中々行動を起こさないのです

女性が不妊検査や治療をしてから、渋々

男性が動き出すと言う事で原因が

男性にあると言う事が分かった時点で

それ迄、女性が不妊検査や不妊治療

に支払われた金額が男性が原因と分かった時点で

無駄金になってしまうケースが実に多いのです

如何でしょうか?

不妊治療に掛かる費用は高額です!!

とても勿体ない事です

不妊治療の成功例の方も20代で20%30代で

ググっと下がり40代では10%を切ります

よって夫婦がお二人が妊活するタイミングで

男性も積極的にセルフチャックをし、何か

問題が有れば泌尿科で検査を受けたり

男性不妊専門医で治療をする事に依り

女性の負担も軽減され、お金の負担も減るのです

男性が一緒に行動を起こす事が大事です

お判り頂けたでしょうか?

先程もセルフチェックの事を書きましたが

今や時代は便利になったものです

自分で自宅で精子のセルフチェックをする

グッツがあるのです。これも男性の行動を

起こさせる要因に必ずなると思いますよ

精子セルフチェック『Seem(シーム)』

と言う専用キットなのです

下記の動画をご覧ください


より詳しくは下記ホームページを
ご覧になってくださいね


 


posted by アクティブシニア70 at 12:53| Comment(0) | 情報共有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください