2020年03月23日

2020年3月23日本日私の眼を止めた本です

2020年3月23日本日私の眼を止めた本です

「22世紀を見る君たちへ」
平田オリザさんの著書

たとえば自分の息子が、自分のあとを継いで

漁師になることが確実にわかっていれば、

その子には、船の動かし方、釣り具や

網の整備の仕方、天候の予測のための知識

万が一の時の泳ぎ方といったことを

教えておけばよかった。

しかし、いま私たちが直面し知ているのは

おおよそ以下のような問題である。

■まず、その子が、どんな職業に就くか

 まったく予想できない。

■たとえ親が子どもを漁師にしたいと

 考えても、そもそも22世紀に

 漁師という仕事があるかどうかが

 わからない。

■さらに、たとえ漁師という仕事が

 生き残ったとしても、そこで

 必要とされる能力について

 予想がつかない。

■それは、漁業ロボットを操作する

 能力かもしれない。漁から販売までを

 一元化し、六次産業化していく

 コーディネート力かもしれない。 

 あるいは、養殖の技術や

 遺伝子組み換えについての

 研究こそが、漁師の本分と

 なるかもしれない。

これから大切な能力って何?

いまの子どもたちの文章読解能力は

本当に「危機的」?

未来の大学入試とは? 英語教育は必要?

そもそも日本人の大多数が、

ネイティブと同じ発音をする必要がどこにあるの?

「ねこのジョン」


作家の川上美恵子さんがテレビで
紹介された本の1冊です
一人一人の個性の大切さを伝える絵本
ありのままの自分を好きになれる絵本―
ちょっと人と違ってても気にすることは
ないんだよ

ちなみに、絵本で今良く読まれているのが
この2冊です

 


ラベル:教育
posted by アクティブシニア72 at 10:40| Comment(0) | 情報共有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください