2020年01月24日

中国からの騒動で絶対感染しない方法とは

マスクは一日20枚

何のこっちゃ!!って思われるかも

知れませんが、インフルエンザに

掛からない為のお医者さんの予防法

なんだそうです

そうです。最近テレビでもチョコチョコ

目にするようになりました

池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さんです

医師になって30年以上、ほとんど病気を

したことがないというと言うから凄いですよねえ

ここにヒントがあるのです

大谷さんのクリニックの専門は呼吸器内科ですから

風邪をひいた患者さんがたくさん訪れるのです

けれども、ご自身は風邪を引いた事が

ないんだそうです

池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さんが

言われるのは風邪はありふれた病気ですが

油断せず基本的な予防法を徹底して

細かいリスクをつぶしていくことが大切だと

一番利用するのはマスクですが

エーザイの調査では、7割もの人がマスクを

正しく使えていませんでした

マスクの誤った使い方の例としては、

「ウイルスが付着したマスクのフィルター部分を

触ってしまっている」が43%

「マスクを外した後、手洗いできていない」

が54%だったのです

マスクを付け外しするときは、ゴムひもの

部分だけを持って行わなければ

ならないのだけど、これができていない方が

意外と多いまた、マスクは使い捨てが

基本なのだが、先ほどの調査では

「2日以上同じマスクを使用」と

答えた人が17%いたそうです

衛生的では全く有りません!!

アメリカのミネソタ大学の研究では

インフルエンザウイルスが、衣服や紙、繊維の上で

8時間ほどは生存が可能

だということがわかっています

マスクについたウイルスが次の日も

生きている可能性は高いのです

普通の人でも目安として1日4枚から5枚位を使用
された方が安心かと

ポイントは指先にウイルスを付けない事です

風邪やインフルエンザでは、「飛沫感染」や

「接触感染」で移りますので防ぐ事が大事

飛沫感染は、くしゃみやせきで排出された

飛沫中のウイルスを吸い込むことで

起きますので、これを防ぐのがマスクの装着です

接触感染では、ウイルスがついた指で自分の鼻や口

目などを触ってしまうことで移るので

まずは指先にウイルスをつけない事が大事です

だからマスクもゴムヒモの所しか

持っちゃいけません

先ほどのミネソタ大学の研究では、金属や

プラスチックなど、表面が滑らかな

ところについたインフルエンザウイルスは

24~48時間は生存が可能だということが

わかっております

電車やバスのつり革、エレベーターのボタン

ドアノブ、階段の手すり、オフィスの電話など

表面がつるつるしていて不特定多数の人が

触れるものには注意が絶対に必要なのです

例えばエレベーターのボタンを押すときは

指を曲げて第二関節で、なるべく

ボタンの端のほうを押すとか

ドアノブを回すときも手のひらやひじを使い

指先にウイルスを付けないようにする

徹底する必要があります

又言われております「キャッシュレス」

にも池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さん

はお金、紙幣や硬貨にもウイルスが付いてる

可能性が大いにありますので

「キャッシュレス」で決裁した方が

風邪予防にもなりますし、役所や銀行で

書類を書くときに、備え付けのボールペンを

使うのも心配ですから、自分の

ぺんを持ち歩く方が良いと思います

又その他には体調管理ですねえ

睡眠が重要で矢張り1日6時間睡眠を取らないと

風邪を引くリスクが4.2倍になり5時間だと

4.5倍に増えるのだそうです

また時間がなくても朝食は

食べないといけません!!

池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さんの朝食は

皮つきカットリンゴ、バナナ、えごま油

ハチミツをヨーグルトであえたものが

大谷さんの定番の朝食メニューだそうですよ

特に、たんぱく質は3食必ず取る事が大事です

ココ迄読んで如何でしたか?

ココ迄徹底してやられて来られたからこそ

池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さん

医師になって30年以上、ほとんど病気を

したことがないと言われるゆえんが

ココにあるのではないでしょうか?

 

ラベル:感染
posted by アクティブシニア70 at 11:12| Comment(0) | 新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

知っている人は知っているが知らない人は知らない驚きの蜂蜜はこれだあ

マムカハニーって言うニュージランドから

直輸入って書いていたけれど

何処がどう違うの?

って少々疑いながら見ていたのだけど

結構、現在買われている方の感想を

見たのですが中々の評判!!

マヌカハニーのもつ高い抗菌作用と抗酸化作用は

健康面での様々なトラブルに効果があります

虫歯、歯周病、口内炎などの口内疾患
胃腸の疾患
風邪、インフルエンザ
整腸作用
創傷、火傷

矢張り健康に関してが気に入りますよねえ

実は私も常に健康に眼がいってしまうので

良く見ているのですが

このマヌカハニーを食べ始めて

風邪を引かなくなったとか

花粉症が治ったとか下痢が治ったとか

肌の調子が良くなった

とか色々書いて有りました

勿論個人的感想でしょうが

現実、そう感じられているのは

事実ですよねえ

好転してるのだから、けれどけれど

少々お値段が、、、

しかし、健康はお金に

変えられるか変えられないか

考え方の違いですよねえ

もし、興味が有るようでしたら

ご覧になっていきませんか?



ラベル:蜂蜜
posted by アクティブシニア70 at 11:28| Comment(0) | 新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

健康を保つには骨を叩こう!!

骨ってこんなにも素晴らしい役割を

してるんだって再認識しましたよ

体の器官って皮膚でも筋肉でも、傷ついたり

裂けたりしたら処置をすれば治るのですが

必ずと言って良い程傷跡が残りますよねえ

しかし、骨は折れて、うまくつながってしまえば

傷跡も残らないで完全に再生するのです

貴方は知っていましたか?

私も初めて知りましたよ

このような器官は骨だけらしいのです100%再生!!

しかも完全再生は年齢は関係ないのだそうです

確かに若い方の方が回復が早いのですが、高齢だと

しても骨を作り出す骨芽細胞と言う働きが活発に

なり骨は修復されるです。凄いですねえ!!

逆に骨を動かさなかったり、重量や負担が

掛からなくなったりすると骨が必要ないんだって

判断して骨芽細胞よりも骨を崩す破骨細胞の

働きの方が活発に働くように成り、徐々に

骨がもろく成って行くのです

貴方の周りにもおられませんか?

少し入院した位でも立ったり歩いたりに

多少困難になるケース!!

骨が弱くなってきている証拠なのです

骨を丈夫にする為には日頃から動かしたり

多少の負担を掛けたり事が必要なのです

ここで再確認しましょう!!

骨の役割は何でしょうか?

先ず一番に来るのは

体を支えるって言う事ですねえ

次に骨には臓器を保護する役割ももってます

柔らかい組織で出来ている脳ですが

頭蓋骨で保護されてますし、心臓や肺も

背骨、胸骨、肋骨からなる胸郭によって

守られていますよねえ

又、病気の根源は腸に有りって言われてる

腸も腸骨って言う骨で守られているのです

言わば、骨って縁の下の力持ちなのです

それとは別に骨は実は臓器としても大きな

役割を果たしてもいるのですよ

骨には、内部の骨髄で血液を出しており

体を病気から守るリンパ球や

ナチュラルキラー細胞といった免疫細胞

も骨の内部の骨髄で作られているのです

その他骨は全身に約60兆個あるといわれる

細胞に、カルシュムを供給していますし

主に骨はカルシュウムとコラーゲンで

出来ていますので自分のカルシュウムを放出し

体内のカルシュウム濃度の調整にも関与して

おり、最近では骨から分泌される

「オステオカルシン」と言うホルモンに

記憶力認知機能を向上させたり、生殖能力を

向上させたり、血糖値を下げ、全身の代謝を

活性化させたり、活性酸素を除去したりと

多くの若返り効果がある事も解かって来ております

ここまでで読んでこられて、いかに、骨が大事

であるか充分にお解り頂けたかと思います

最近では健康になる為に良く「筋トレ」

しようと言う事が推奨されていますよねえ

私もそう思っていましたし、実際に

私も自宅筋トレをしております

現実として筋トレが、かえって体を悪くしてしまう

と言う事実を初めて知りました!!

筋肉は年齢が上がると鍛えるほど硬くなってしまい

それによって関節の可動域が小さくなり、骨も動き

にくくなっていまうのです。よって筋肉が硬くなると

さまざまな体の不調が出て来ます

その中でも一番の問題は呼吸が浅くなると言う事です

腕、肩、胸、背中に筋肉を付けすぎると、骨と連動

する体の動きが硬くぎこちないものとなり、肋骨の

スムーズな拡張が妨げられ、呼吸が浅くなるのです

健康や身体能力が土台から崩れてしますのです

筋肉が元気で働ける寿命は精々50年ほどなのです

だから50歳過ぎてからの筋トレはダメージが自ずと

大きくなってくるのです。筋トレは加齢と共に

弾力になってくるので筋トレをすると

益々硬くなってくるのですが。多くの方は体の

衰えを感じると筋トレ筋トレって、しきりに

皆さん言っておられるのです

健康で動きやすい体を作るのは

筋肉では有りません!!

骨を強くしてください!!

骨を強くする為には

年齢は一切関係致しません!!

もっとも骨に負担を掛けて丈夫にする

方法をお教えいたします

超簡単「たたく」ことなのです

「骨をたたくと、骨が振動してそのバイブレーションが

骨の中まで伝わります。この刺激によって、

効果的に骨が育つのです。さらに、骨をたたくと

筋肉や腱、関節がゆるんで動きがよくなり、

骨格のゆがみが改善します

骨が強くなるだけでなく、ゆがみも改善するので

歩行が困難だった人も歩けるようになっていくのです

たたくだけなので、高齢の方でも簡単にできます

骨はたたくことで何歳からでも強くできるのです



1分ポコポコ骨たたき体操 100歳でもジャンプができる! (講談社の実用BOOK) [ 森 千恕 ]
ラベル:骨を丈夫に
posted by アクティブシニア70 at 11:59| Comment(0) | 新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする